正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

悲しみは空の彼方に

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

ピラミッド
Land of The Pharaohs

ピラミッド
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代1955年
アメリカ
時間105分
監督ハワード・ホークス
脚本ウィリアム・フォークナー、ハリー・カーニッツ、ハロルド・J・ブルーム
音楽ディミトリ・ティオム
出演ジャック・ホーキンス、ジョーン・コリンズ、ジェームズ・ロバートソン・ジャスティス

アメリカ版DVD情報

 邦題で「ピラミッド」と題する映画は2本ある。ひとつはチャールトン・ヘストン主演のアクション・ミステリーであり、古代王朝の王妃の魂が考古学者の娘に宿り・・・と云うような物語で、ほとんど記憶に残っていない。今回紹介するのは、それより古いほうの「ピラミッド」。こちらは西部劇や男を描かせては天下一品のハワード・ホークス監督が手がけた作品で、公開当時は超大作として話題を呼んだものだ。現地ロケを生かした大規模なピラミッド建設の場面は、本物さながらのスケール感で圧倒される。主役は、このコーナーでも取り上げた「絶壁の彼方へ」のジャック・ホーキンスで、ファラオを重厚に演じてみせる。
 映画は、そのファラオの凱旋シーンから始まる。待ち受けるたくさんの市民の歓呼の声に迎えられて、王が兵士たちと帰還してくる。まず驚くのは、そのエキストラの数の多さと、ファラオが乗る“みこし”の大きさだ。みこしは二重構造になっており、上部の小さいみこしにファラオが悠然と腰掛けているのだが、門前でまず大みこしが下に降ろされると、上部の小みこしが動き始めると云う仕掛けだ。親亀の背中に小亀が乗っているようなもので見ていて楽しい。ドラマの骨子は、盗掘を恐れたファラオが、完全密封のピラミッドをユダヤ人建築士の手を借りて作る、と云うお話に、寵姫の陰謀が絡んでくるもの。だが本当の見せ場はここからで、ピラミッド中央の王墓内の仕掛けをひとつ壊せば、砂が流れ出し、周囲の石壁が下部へ向かってズッ、ズーと動き出す。この砂と巨石を使った、目からウロコのピラミッド密封場面こそ、一見の価値がある。
 尚、この映画、アメリカではDVD化されているが、日本での発売予定は今のところないようで、非常に残念だ。
(2006/11/15)

トップへ