正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜

トゥルーライズ

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

あかね空

あかね空
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代2006年
日本
時間120分
監督浜本正機
脚本ニ浜本正機、篠田正浩
音楽岩代太郎
出演内野聖陽、中谷美紀、中村梅雀、勝村政信、泉谷しげる、角替和枝、武田航平、細川よしひこ

オフィシャルサイト

 直木賞受賞作である山本一力の時代小説を、NHK大河ドラマ「風林火山」で、主役の山本勘介を演じた内野聖陽と、「嫌われ松子の一生」で、日本アカデミー賞主演女優賞に輝いた中谷美紀を主人公に、江戸は深川を舞台に描く、豆腐屋一代記だ。
 行き来する人でにぎわう江戸の永大橋で、ちょっとした油断から、幼い息子とはぐれる夫婦のプロローグで物語は幕を開ける。その夫婦、老舗豆腐屋“相州屋”の主人、清兵衛(石橋蓮司)と、妻おしの(岩下志摩)は、以来息子の安否が頭からはなれない。それから20年の歳月が流れ、ある日、深川の蛤長屋の井戸端で水を手に取る男がいる。京の豆腐屋で腕を磨き、今は独立を夢見て江戸へ下って来た若者、永吉(内野聖陽)だ。彼は長屋の井戸水に惚れこみ、長屋を借りて念願の豆腐屋“京や”を開く。そんな永吉を小まめに世話する同じ長屋の娘おふみ(中谷美紀)は、いつしか永吉に惹かれ、やがて二人は祝言を挙げることに……。しかし、かんじんの豆腐は売れなくなっていく。固めの江戸前豆腐になれた人々には、やわめの京風豆腐が合わなかったのだ。永吉は落ち込むが、けなげなおふみは、そんな永吉を明るく支えるのだった。一方、“相州屋”のおしのは、好奇心から“京や”を訪れるが、永吉のなかに行方知れずの息子の面影を重ねてしまう。この夫婦を演じる石橋蓮司、岩下志摩の演技もさすがだが、主人公“永吉”と、賭場の親分“傳蔵”を「陽」と「陰」とで演じ分けた内野聖陽の技量も見ものだ。このあと、三人の子供にも恵まれ、大通りに店を移したしあわせな“京や”に、次々と天災や苦難の雨がふりそそぐ……。
 江戸の街並みや人々の風情もからりと描かれ、ことにVFX映像が描く永大橋など、浮世絵を思わせて美しい。そして、全体に流れる雰囲気も、題名が象徴するように、どこかほのぼのとしてあたかいい。派手さはないが、好感のもてる人情劇となっている。
(2007/10/16)

トップへ