正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

ザ・シューター/極大射程
SHOOTER

ネタばれ注意

ザ・シューター/極大射程
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代2007年
アメリカ
時間126分
監督アントワーン・フークワ
脚本ジョナサン・レムキン
音楽マーク・マンシーナ
出演マーク・ウォールバーグ、マイケル・ベーニャ、ダニー・グローヴァー、ケイトマーラ

オフィシャルサイト

 「ティアーズ・オブ・ザ・サン」や、最近では「キング・アーサー」などを手がけたA・フークワ監督作だが、これまでの何か“物足りなさ感”があった作風から一変、胸のすく痛快復讐劇として、見て損のない映画に仕上げている。
 元海兵隊の敏腕スナイパー、ボブ・リー・スワガー(マーク・ウォールバーグ)は、アフリカのある小国で相棒のドニーと偵察任務中、戦局の変化で敵地に置き去りにされ、相棒ドニーを失うという激しい銃撃シーンから物語は始まる。それから3年、今は退役し山奥で愛犬サムと隠遁生活をおくるスワガーの元へ、元軍人ジョンソン大佐(ダニー・グローバー)が訪れる。彼は大統領暗殺計画を察知しており、狙撃場所の特定をスワガーに依頼する。スワガーは自分を裏切った政府への協力を渋るが、愛国心と確たる狙撃の自信と経験から大佐の申し出を引き受けるのだった……。
 1.6キロ以上からの狙撃の場合、湿度や標高、気温や風、さらに塵にも左右され、着弾までに6秒から10秒もかかるほか、地球の自転にも影響されるなどと言う話も興味深い。また、本編のスワガーとドニーのごとく、CIAのスナイパー(狙撃手)たちがスポッター(観測手)と二人で一組として行動、気温や風を読んでいる点など、まさにこの映画ならではの面白さといえる。
 物語はこのあと、大統領と同席していたエチオピア大司教が狙撃され、犯人に仕立てあげられたスワガーは、銃弾を受けて逃げ回るという見せ場へと展開していく。一方、独自捜査でスワガーの無実を確信したFBI捜査官ニック・メンフィス(マイケル・ペーニヤ)もまた大佐一味に狙われるが、スワガーに助けられ、彼の良きスポッターへと成長していく。かくて、ふたりはスナイパーとスポッターとしてタッグを組み、石油利権がらみの陰謀に立ち向かうのだ。
 一流スナイパーとしての知識と経験をフル活用して仕掛ける主人公の復讐の罠を細かに描くことで、見せ場の興趣を盛り上げる手法が功を奏した活劇作である。
(2007/09/25)

トップへ