正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

ラッシュアワー3
RUSH HOUR 3

ラッシュアワー3
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代2007年
アメリカ
時間100分
監督ブレット・ラトナー
脚本ジェフ・ナサンソン
音楽ラロ・シフリン
出演ジャッキー・チェン、クリス・タッカー、真田広之、ノエル・ルノワール、マックス・フォン・シドー、工藤夕貴

オフィシャルサイト

 J・チェン&C・タッカーがコンビを組んだシリーズ3作目。今回はふたりの前に立ちはだかる最強の敵として、真田広之や工藤夕貴など日本勢が出演しているのもお楽しみの一編だ。
 リー捜査官(ジャッキー・チェン)は、ロスで開催の国際法廷会議に出席する中国要人ハン大使の警護にあたっていた。そのハン大使が壇上で中国マフィアの謎の存在“シャイシェン”を語り始めた時、向かいのビルから発射された銃弾に倒れる。目ざとく狙撃犯を目撃したリー捜査官は、ビルから飛び降り追跡を開始る。 一方そのころ、刑事課から交通課へ格下げされたカーター刑事(クリス・タッカー)は、ヘッドホーンを耳にノリノリで交通整理の真っ最中だ。だが、無線で事件を知ると、尋問中の女性の車で追跡に加わるが、追い詰めた狙撃犯は意外にも、リーの幼い頃の親友ケンジ(真田広之)だったのだ。愕然とするリーを尻目に、ケンジは素早い身のこなしでその場から逃げ去ってしまう。幸い、ハン大使は一命を取りとめるが、大使の娘スーヤン(チャン・チュー)の命も狙われていることが判明する。入院中の大使の元へ駆けつけたリーとカーターはそこで暗殺者と銃撃戦の末スーヤンを助け、ひとりの中国人を捕らえるが、なぜかフランス語しかしゃべれない。フランス人女医の通訳で、どうにか“ジャンビエーブ”なる人物を突き止める。かくて二人は、“シャイシエン”と“ジャンビエーブ”の謎を追ってフランスへと飛ぶことに……。
 クライマックスのエッフェル塔での戦いなど見ごたえ十分だが、第1作のスマートさは見られず、フランス語しか話さぬ中国人の設定など、女医とカーターの通訳下ネタ問答のためとしか思えずアホらしくなる。総じて、カーター役のC・タッカーが連発するお下劣ネタは、このシリーズの売りのひとつではあるものの、度をこしてクドイと嫌な気分にさせられる。冒頭で、逃げて逃げて、逃げまくるケンジが、追い詰められてフッと振り向く真田広之登場シーンがなかなかカッコ良く、ジャッキーとの闘いも楽しめる。また、短剣投げ女刺客の工藤夕貴も負けず劣らずの大健闘で、ふたりの活躍だけでも見て損はない。
(2007/08/26)

トップへ