正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

悲しみは空の彼方に

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

グーニーズ
The Goonies

グーニーズ
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代1985年
アメリカ
時間108分
監督リチャード・ドナー
脚本クリス・コロンバス
音楽ディヴ・グルーシン
出演ショーン・アスティン、ジョシュ・ブローリン、ジェフ・B・コーエン、コリー・フェルドマン、キー・ホイ・クァン

 これはもう、実にうれしい一編である。S・スピルバーグの原案を元に、「ホームアローン」の、C・コロンバスが脚本を担当、「スーパ ーマン」などのアクション物に卓越した手腕を見せるR・ドナーが監督した、家族で楽しめる冒険物語だ。お話は、子供の頃に誰も が夢見る“宝さがし”がテーマであり、マーク・トウェインの「トム・ソーヤ」や、「ピーターパン」の世界にも通じ、大人たちには懐かさ を、子供たちにはチエと勇気をもたらすであろう、そんな心くすぐる映画だ。
 海賊伝説が残るアメリカの田舎町グーンドック。この退屈な町に住む少年マイキー(ショーン・アスティン)には、チャンク(ジェフ・コーエン)と、マウス(コリー・フェルドマン)それに、データ(キー・ホイ・クァン)というワンパク仲間がいる。彼らは自分たちのことを町の名をもじり“グーニーズ”(おめでたい仲間)と呼んでいた。ある日彼らは、マイキーの家の屋根裏で、伝説の海賊「片目のウ ィリー」が残したと思われる地図と、謎のコインを発見する。宝のありかを示す地図に違いない、と考えた四人はすぐさま行動をおこす。だが、地図とコインに導かれ、たどり着いた岬の古びたレストランは、悪漢一味フラテリー一家の根城だった。やがて、四人の 身を案じて追って来たマイキーの兄ブランド(ジョシュ・ブローリン)と、その恋人アンディ、彼女の友人ステファニーの三人も合流。 かくて、彼ら七人の大冒険が始まるのである。実は、レストランの地下は、フラテリー一家の偽札工場であり、さらにそこには、鎖に つながれた謎の怪人もいるきわめて怪しい場所だったのだ。驚くことに、その地下室はフラテリー一家もまだ知らぬ大洞窟と繋っ ていて、一家に追われた七人はやむなく洞窟へ逃げ込むのだが、そこに待ち受けるのは、海賊たちが宝を守るために仕掛た数々 のキケンな罠だった……。こうして、インディジョーンズばりの大冒険がスタートする。ここに、まるで地中を進むジェットコースタに も似た、つるべ打ちのアクションが炸裂。海賊船をはじめ、ガイコツ、財宝、など冒険グッズも満載で、少年たちの友情や恋、そて 少しの成長、というお話は定番ながら、ラストの悠々たる伝説を匂わせて締めくくる、監督手腕もあざやかな痛快作になっている。
(2008/01/27)

トップへ