正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

イーグル・アイ
EAGLE EYE

イーグル・アイ
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代2008年
アメリカ
時間118分
監督D・J・カルーソー
脚本ダン・マクダモットー、ジョン・グレン、トラヴィス・アダム・ライト、ヒラリー・サイツ
音楽ブライアン・タイラー
出演シャイア・ラブーフ、ミッシェル・モナハン、ロザリオ・ドーソン、マイケル・チクリス、アンソニー・マッキー、ビリー・ボブ・ソーントン

オフィシャルサイト

 最先端のテクノロジーは、人々の生活を豊かにしその暮らしを守るために進化を遂げてきた筈だった。ところが……というのがこの映画の主題だ。それは題名の「イーグル・アイ」が“国民を監視する政府の眼”を意味しているからに他ならない。

 主人公ジェリー・ショウ(シャイア・ラブーフ)はコピー・ショップの店員だ。彼は事故死した双子の兄の葬儀のあと立ち寄ったATMで、自分の口座に多額のカネが振り込まれていることを知る。さらに、アパートの自室には組み立て式武器をはじめとする軍事物資の数々がところ狭しと送り込まれていた。呆然とするジェリー……。その時彼の携帯が鳴り、女の声が告げる「今、あなたを起動した。10秒後にFBIがその部屋に踏み込む、すぐ逃げろ!」電話は現実となり、分けもわからぬまま彼はFBIに逮捕されることに……。さらに、同じ電話の声で選ばれるのが、もうひとりの主人公シングルマザーのレイチェル(ミシェル・モナハン)だ。彼女はひとり息子を人質に取られ、女の指示に従うことを余儀なくされてしまう。

 こうして物語は始まるが、おもしろいのは「あなたを起動した」、という前述のセリフだ。話の基点ともなるこの言葉が実に効果的なのだ。何故なら、“ヒト”と“モノ”とが逆転している状況をこの一言で示唆しているばかりか、物語の「隠し味」ともなっているからである。このあと、テロリストとみなされたふたりはFBI捜査官(ビリー・ボブ・ソーントン)の追跡を受けることとなり、凄まじいカーチェイスや危機また危機の逃亡劇が展開していく。敵か味方か分からぬ女の声は、次々とふたりに難題を与え、まるで見ているかのように脱出法まで指示してくる。さらには、彼らふたりを助けるため、信号機の色を操作し林立するクレーンも自在に動かし、追い迫るパトカーを蹴散らすのだ。

 しかしここまでやられると、見ている方は面白くはあるものの、あまりのハジケ具合にアホらしくさえ思えてしまうものだ。さらに気になるのは、アンソニー・マッキー扮する「ボウマン少佐」の扱いだ。往年のSF名作「2001年宇宙の旅」の主人公と名前が重なるのは、おそらくオリジナル版へのオマージュなのだろうが、その行動までダブらせたのが惜しまれる。
(2008/10/25)

トップへ