正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

悲しみは空の彼方に

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

わらの犬
STRAW DOGS

わらの犬
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代1971年
アメリカ
時間115分
監督サム・ペキンパー
脚本サム・ペキンパー、デヴィッド・Z・グッドマン
音楽ジェリー・フィールディング
出演ダスティン・ホフマン、スーザン・ジョージ、ピーター・ヴォーン、ピーター・アーン、T・P・マッケンナ

 強烈なヴァイオレンス描写と、超スローモーション撮影で多くの映画ファンを魅了した監督サム・ペキンパー。彼が残した作品群の中で、最もエキサイティングで刺激的な作品がこの「わらの犬」だ。
 ちなみにタイトルの「わらの犬」とは、“護身のために身を焼き焦がすわらでできた犬がいた”という中国の故事に基ずく老子の言葉が語源だ。

 物語はこんな風に始まる。争いごとが大嫌いな数学者デビッド(ダスティン・ホフマン)とその妻エィミー(スーザン・ジョージ)が、暴力はびこるアメリカに愛想をつかし、イギリスの片田舎に平和を求めて引っ越してくる。夫デビッドは、妻のふるさとでもあるこの静かな村で、数学の研究に没頭したと考えていた。ところが、ここで夫婦を待っていたのは、住民たちの“よそものいじめ”と、そこを発火点とした思いもよらぬ暴力での挑発行為だったのだ。

 納屋の修理をまかせた村の男たちに飼い猫を殺され、妻を輪姦されても調べようともせず、嘲笑され続ける平和主義者の主人公デビッド。そんな彼が、男たちに追われている精神薄弱者の青年ヘンリー(ピーター・アーン)を家にかくまったことから、トラブルの火種がくすぶり出す。嗅ぎつけた男たちはデビッドの家を囲み、ヘンリーを引き渡せと迫まる。ところが、それまで軟弱だったデビッドが敢然としてこれを拒否、ヘンリーを守ることを決意する。かくて、40分にも及ぶ壮絶な死闘が繰り広げられることになる……。

 からっきし意気地のない主人公デビッドに、観客のフラストレーションも溜まる一方の前半から転じて、不穏な空気をはらんだままドラマの熱気が急上昇する後半は、見る者の神経をも翻弄する怒涛のアクションの連続だ。窓ガラスを破って石やネズミを投げ込み、室内へ踏み込もうとする男たちと、そうはさせじと孤軍奮闘する主人公から、観客は目が離せなくなってしまうのだ。この映画が尋常でなく盛り上がるのは、屈強な男たちに立ち向かうのが、いかにも弱そうなD・ホフマンだからであり、これぞキャスティングの妙、と唸らされる監督ペキンパーの衝撃作である。
(2009/10/09)

トップへ