正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜

トゥルーライズ

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

スラムドッグ$ミリオネア
SLUMDOG MILLIONAIRE

スラムドッグ$ミリオネア
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代2008年
イギリス/アメリカ
時間120分
監督ダニー・ボイル
脚本サイモン・ボーフォイ
音楽A・R・ラーマン
出演デヴ・パテル、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピント、アニル・カプール、イルファン・カーン

オフィシャルサイト

 この映画は、08年のアカデミー賞で作品賞など8部門を制したばかりでなく、世界の映画祭を席巻した今話題の映画だ。そしてこれは、正解するごとに賞金額がふえるインドのTV番組に出演して快進撃を続けるひとりの青年の物語である。ちなみに題名にある“ミリオネア”とは云うまでもなく「大富豪」の意味で、みのもんたの司会で知られるあの人気番組のインド版にあたる。

 舞台はインドのムンバイ(旧=ボンベイ)。世界最大のクイズショー「クイズ$ミリオネア 」で、最後の一問までたどりついたスラム育ちの青年ジャマール(デヴ・パテル)。正解すれば2000万ルピーの大金が手に入るのだが、いまだかって誰もなし得なかった快挙を目前にして、イカサマを疑われた彼は警察に拘束されてしまう。そこで尋問され拷問を受けたジャマールは、自分がこれまで辿って来た18年の過酷な人生を告白しはじめる。それは……

 幼くして母親を目の前で失ったこと、親のない少女ラティカと出会い、彼女をめぐって兄サリームとあらそったこと、生き抜くためにはやむを得なかった悪事も数しれずあること、などだ。そしてこの、ジャマールがたどった苦難の人生こそ、彼の豊富な知識の源泉にほかならなかった。身の上話を聞いて同情した警部はジャマールを釈放。彼は再び番組にもどり、スポットライトをあびることに……。
 スラムの負け犬が答える運命のフアイナルアンサーは、果たして吉と出るのだろうか?

 ラテイカを心の支えに、まっすぐに誠実に生きる弟ジャマールと、次第に悪の道をたどりはじめる兄のサリーム。物語は二人の生きざまを交錯させながら、クライマックスへと突き進む。

 大金絡むクイズ番組を骨子にして語られるのは、過激なまでに貧困と富が混在するインドの現実だ。だが、ゴミだめのようなスラムを疾走する子供たちの、なんと輝いて見えることか!そんな子供たちを食いものにする大人社会の残酷さとみにくさを、監督ダニー・ボイルは白日のもとにさらけ出す。しかし、純愛ドラマに兄弟の確執をからめた構成はどこかこじんまりと見え、各映画賞を総なめにしたのが意外とも思える側面も持つ映画のようだ。
(2009/10/29)

トップへ