正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

血と怒りの河

悪魔の追跡

ナビゲイター

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

クリフハンガー
CLIFFHANGER

クリフハンガー
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代1993年
アメリカ/フランス
時間113分
監督レニー・ハーリン
脚本マイケル・フランス、シルヴェスター・スタローン 
音楽トレヴァー・ジョーンズ
出演シルヴェスター・スタローン、ジョン・リスゴー、マイケル・ルーカー、ジャニン・ターナー、キャロライン・グッドオール

 「クリフハンガー」とは「崖にぶら下がる人」という意味だが、絶体絶命のピンチで次回に続く連続活劇の俗称でもある。本作は、そんな意味合いを込めたアクション活劇という訳だ。

 物語は、山岳救助隊員のゲイブ(シルヴェスター・スタローン)が、負傷して山頂で動けぬ同僚のハル(マイケル・ルーカー)とその恋人サラの救助に向かう場面から始まる。だが、ゲイブは目もくらむ高さのロープに宙づりとなったサラに救助の手を差しのべながら目前で失敗。彼女を死なせてしまう。そしてこのことでハルの恨みを買ったゲイブは、自責の念から山を下りるのだった。

 それから数カ月後、現金を空輸していた造幣局の輸送機が犯罪組織の一味に襲われる。一味は輸送機を爆破し1億ドルを奪うものの、乗り移った小型機に現金入りのトランクを取り込むことができず山中に取り落とす。そしてその小型機もまた銃弾を浴びて吹雪の山中に不時着。トランクを回収したい一味は遭難をよそおい救助隊に救助を要請してくる。連絡を受けたゲイブの同僚で恋人でもあるヘリ・パイロットのジェシー(ジャニン・ターナー)は、ハル一人での救援は無理だと判断、ゲイブに再び隊に戻るよう懇願する。かくてゲイブたち救助隊員と一味6人との壮絶なバトルが展開することになる。

 山岳アクションにスカイ・アクションまで盛り込んだ贅沢なストーリーだが、L・ハーリン演出はその中にたたみ掛けるようにスリルとサスペンスを積み上げていく。木々をなぎ倒して不時着するジェット機や、山岳モノにはつきものの雪崩に落石。4000メートル級の岩壁でのロッククライミングはもとより、吊り橋や洞窟までが活劇の舞台となる。本作がピリッと締まったのはジョン・リスゴーを親玉とした悪党一味をひと筋縄でいかぬ連中にしたことだ。活劇映画は“ワル”が強いほど面白くなるものなのだ。また、忘れてならないのがトレヴァー・ジョーンズの音楽だろう。雄大な山々の連なりを連想させるメロディが見終わっても耳に残るし、今やこの曲はテレビやCMの山岳シーンでよく聞くほどポピュラーな曲でもあるのだ。
(2010/01/13)

トップへ