正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

30デイズ・ナイト
30 DAYS OF NIGHT

30デイズ・ナイト
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代2007年
アメリカ
時間113分
監督デヴィッド・スレイド
脚本スティーヴ・ナイルズ、スチュアート・ビーティー、 ブライアン・ネルソン
音楽ブライアン・レイツェル
出演ジョシュ・ハートネット、メリッサ・ジョージ、ダニー・ヒューストン、 ベン・フォスター 、マーク・ブーン・ジュニア

オフィシャルサイト

 アメリカ最北端の街アラスカ州バロウ。ここは、毎冬の極夜(きょくや)現象で30日間も闇に包まれる街だ。そして人口わずか152人の極寒のこの街が、やがて人間と吸血鬼の血みどろバトルの街と化す……。

 それは血のような赤い太陽が雪原に沈んだ初日に起きた。住民たちの飼い犬数十頭が惨殺されたのだ。その知らせはすぐさま、この街に2人しかいない保安官で夫婦のエバン(ジョシュ・ハートネット)とステラ(メリッサ・ジョージ)にもたらされる。さらに原因不明の停電が発生。街は暗やみに閉ざされ、電話も不通になってしまう。異変を感じとったエバンが発電所へ駆け付けると、そこには惨殺された所員の見るも無残な姿があった……。
 やがて、街に怪しげな人影がうごめきだし、住民がひとり、またひとりと何者かの餌食となっていく。それが吸血鬼集団のしわざだとわかった時、わずかな生存者を集めたエバンは、極夜が明けるまでの30日間を、彼らを守って何とか生き延びようと奮闘するのだが……。

 この映画の吸血鬼たちは集団で人間を狩る。リーダー吸血鬼の指示のもと、チーム・ワークよろしく結束して人間に襲いかかるのだ。長い爪と尖った牙を持ち、瞬間移動の脚力と鋭い聴覚を有するヴァンパイアたちが、身を潜める人間たちをおびき出すため、捕えた女性をおとりに使うなど、その頭脳的人間狩りスタイルがこれまでの吸血鬼映画と違ってユニークで面白い。ただ、本作のように日数を題名に冠した映画は、その日数経過の過程をどう見せるかがカギだが、始まって間もなく“7日目”と言われても観客はとまどうだろう。極夜の30日間がちょつと長めの“ひと晩”くらいにしか感じられないのがザンネンだ。しかし、手斧や紫外線ライト、さらにチエンソーまで使って生き延びるための闘いを繰り広げる主人公たちは十分に魅力的だ。
 小雪舞うブルートーンの画面の中で、口のまわりを真っ赤に染めたヴァンパイアたちの集団がうごめく姿は不気味だが、それがどこか滑稽に見えるのも、この映画の見どころのひとつだ。
(2010/10/12)

トップへ