正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

血と怒りの河

悪魔の追跡

ナビゲイター

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

フライド・グリーン・トマト
FRIED GREEN TOMATOES

フライド・グリーン・トマト
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代1991年
アメリカ
時間130分
監督ジョン・アヴネット
脚本ファニー・フラッグ、キャロル・ソビエスキー
音楽トーマス・ニューマン
出演メアリー・スチュアート・マスターソン、メアリー=ルイーズ・パーカー、キャシー・ベイツ、ジェシカ・タンディ

 題名の「フライド・グリーン・トマト」とは、この物語に登場する駅前カフェ「ホイッスル・ストップ」の看板料理の名で、スライスした青いトマトのカラ揚げを指す。

 チョコレートが手放せない太り気味の主婦エヴリン(キャシー・ベイツ)は、そんな自分自身が厭で、自分に見向いてくれない夫も厭で、すっかり生きる目的を見失っていた。 そんな時、彼女は訪れた老人ホ−ムでひとりの老女ニニー(ジェシカ・タンディ)と出会う。話し上手で元気なその老女は、こうしてエヴリンに、この町で起きたある出来事を語り出す。それは一一。

 さかのぼること数十年前の南部アラバマ。まず語られるのは、そこに住む活発な少女イジー(メアリー・スチュアート・マスターソン)のエピソードだ。彼女の大好きな兄バディが突然の事故で死亡。悲しみのあまり堅く心を閉ざしてしまうイジー。そんな少女の心を開かせるのがバディの恋人だったルース(メアリー=ルイーズ・パーカー)だ。愛する者をなくした悲しみを共有するふたりは、それ以来欠かせぬ親友になっていく……。

 この時代の女性にはめずらしく奔放で自由で行動的なイジーと、どこか頼りなげではかなげなルース。この、性格のまるで違うふたりの“絡み”がドラマの主軸には違いないが、さらにそこに、頻繁に老人ホームを訪れてはニニーの話に引き込まれていくエヴリンが、次第にその老女と心を通わせ自分の生きる道をそこに見出すエピソードもまた、この作品の見どころだ。

 現在と過去を回想でつなぎながら、1930年代当時の情緒ゆたかな風景と、そこに暮らす人々を見つめる視線があたたかい。と同時に、人種差別にほんろうされる黒人たちや、彼らを擁護する人間たちの、やりばのない怒りと苦悩もまた、画面ににじむのだ……。ハートフルな主題の中にも厳しい現実を盛り込んで見せた監督J・アヴネットの、これは代表作と言っていい。
(2011/3/10)

トップへ