正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

血と怒りの河

悪魔の追跡

ナビゲイター

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

天国の日々
DAYS OF HEAVEN

天国の日々
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代1978年
アメリカ
時間94分
監督テレンス・マリック
脚本テレンス・マリック
音楽エンニオ・モリコーネ
出演リチャード・ギア、ブルック・アダムス、リンダ・マンズ、サム・シェパード、ロバート・ウィルク

 物語は第一次大戦勃発のころのシカゴに始まる。それは多くの人々が食うや食わずの貧しさにあえいでいた時代でもあった。鉄工場の作業員ビル(リチャード・ギア)は、上司とのケンカで工場をやめ、まだ少女の妹リンダ(リンダ・マンズ)と、恋人のアビー(ブルック・アダムス)の3人で中西部の農場へ流れてくる。そして、リンダのナレーションが、兄ビルとその恋人アビーの身に起きた出来事を語り出すのだ。

 季節作業員たちに混じり、屋根まで人で埋まる列車でやって来た彼らは、“3人兄妹”とのふれこみで農場主のチャック(サム・シェパード)に雇われると、麦刈り作業員としてそこで働きだす。
 そよぐ風、光る麦の穂、青い空をバックにそびえ立つ農場主の邸宅。そこは、地平線が見渡せる広大な土地だ。ドラマはそんな風景の中で展開する。
 だが、人力だのみの仕事は過酷だ。しかも些細なミスで給料がけずられても、彼らは文句の言える身分ではなかったのだ。そんなある日、手を傷めたアビーの薬を手に入れようとしたビルは、農場主のチャックが医者から余命1年と宣告されているのを聞いてしまう。さらに、そんなチャックがアビーに求婚したことを知ったビルは、その結婚を受けるようにと、自分の大切なアビーを説得さえするのだ。だがこの後チャックは、妻となったアビーが、実はビルとは兄妹でなかったことに気付いてしまうのだ……。

 この映画の魅力は、なんといってもその全編を彩る「動く絵画」とでも呼びたい映像美だろう。この年のアカデミー撮影賞に輝いたネストール・アルメンドロスのカメラは、テキサスの大自然を、そこに生きる人間たちの営みを、まるで一服の名画のように描きだしている。ことに、日没後のわずかな時間にしか見られない薄明りの中の光景、いわゆる“マジックアワー”にこだわった映像は、言葉では語れないほどにも美しい。まさに必見の秀作だ。
(2011/03/25)

トップへ