正統派映画評!『映画開拓史』の最新映画レビュー

マッドマックス 怒りのデス・ロード

映画評価映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点 マッドマックス 怒りのデス・ロード

 凶悪な暴走族に相棒の警官を殺されたうえ妻と息子まで殺害されて怒りに燃えた主人公が、そんな悪の権化と化した連中への復讐に乗り出す一作目から数えて今年で30年。その節目の年にあのマッ
映画評の続きを読む

映画評のアクセスランキング

血と怒りの河

悪魔の追跡

ナビゲイター

正統派映画評!『映画開拓史』点数の数え方

点数の数え方

正統派映画評!『映画開拓史』のスポンサー

Jocasi

個別映画評

トゥルーライズ
TRUE LIES

トゥルーライズ
点数映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点映画評:金星20点,白星5点
年代1994年
アメリカ
時間141分
監督ジェームズ・キャメロン
脚本ジェームズ・キャメロン
音楽ブラッド・フィーデル
出演アーノルド・シュワルツェネッガー 、 ジェイミー・リー・カーティス 、 トム・アーノルド 、 ビル・パクストン

 あの「タイタニック」や「アバター」のJ・キャメロンと、かの「ターミネーター」男、A・シュワちやんがタッグを組んだアクション活劇だ。
 題名の「TRUE LIES」(真実の嘘)なる対語のようなタイトルは「表と裏」あるいは「光と影」など、主人公たちの“二面性”に引っかけたものだろう。なお、作品解説によるとこの言葉は、実際に諜報員として暗躍しているエージェントたちの間で使われている第一級の「コード・ネーム」だそうな。

 ところでここでのシュワちゃんは、表向きはコンピューターのセールスマンだが、家族も知らぬ裏の顔は政府機密機関のスゴ腕エージェント、という役どころだ。そんなこととはツユ知らぬ奥さんのジェイミー・リー・カーテイスは結婚15年目の今の生活が退屈で、14才の娘もまたグレる一歩手前だ。ま、シュワちゃんの家庭環境も問題がいっぱい、という訳だ。そして事件が起きる。核ミサイルで武装したテロ集団が動き出すのだ。かくてエージェント・シュワちゃんの出番となるのだが、そんなとき彼は、女房が怪しい男と密会していることを知る。すっかりあわてたシュワちゃんは公私混同おかまいなしにエージェント仲間まで引きずり込んで妻の素行調査を始めるのだが……。

 まずはスイスに始まり、ワシントンDC、そしてフロリダへと舞台をストーリーに合わせて広げながら、時にコミカルに、時にド派手なアクションシーンを折り込んで怒涛のクライマックスへなだれ込む、そんなキャメロン演出に酔わされること請け合いだ。

 見どころはもちろんシュワちゃんの活躍にあるが、根っこにあるのは夫婦愛、というあたりがこの作品のいいところで、J・L・カーティスにまで大暴れさせてホロッとさせたかと思うと、ヘリやハリアー戦闘機まで動員した盛大な見せ場を作るなど、まさにサービス満点の痛快作だ。
(2011/5/3)

トップへ